本文へ移動

車椅子ソフトボールを紹介します!

車椅子ソフトボールとは?

一般社団法人日本車椅子ソフトボール協会(HPへ)のホームページから引用しております。
  北翔大学(北海道江別市)の大西昌美教授発案による「車椅子に乗りながら軟式野球使用球やソフトボールを用いて行う新しい野球」がコンセプトの車椅子競技スポーツです。
  健常者スポーツにおいて圧倒的な競技人口を持つ野球/ソフトボールを、障がいを持つ方がプレーできる形にすることで、障がい者スポーツの裾野を広げるとともに、障がい者と健常者、男性、女性、年齢においても分け隔てなく誰もが一緒に同じフィールドで楽しむことのできるスポーツとして、普及・発展を目指しています。

宮城ファイティング・スピリッツの紹介

東北で唯一の車椅子ソフトボールチーム・メンバー大募集!
参加対象:年齢、性別、経験、障害の有無は問いません!
               車椅子に乗ればどなたでもプレーできます!
活動日程:月に2~3回(土日のどちらか)
活動場所:宮城県障害者総合体育センター、仙台市内の体育館 等
活動PR:野球・ソフトボールが好きな方、何か新しいスポーツにチャレンジしたい方、是非、一緒に白球を追いかけましょう!体験参加も大歓迎です!
↓問い合わせ・連絡先↓
宮城ファイティング・スピリッツ事務局 高橋(080-6020-1161)
TOPへ戻る