本文へ移動

第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」派遣選手の推薦について

派遣候補選手の推薦等

関係書類1
以下より、「第18回全国障害者スポーツ大会実施要綱」「第18回全国障害者スポーツ大会個人競技派遣候補推薦要領」をダウンロードしてください。
 
第18回全国障害者スポーツ大会選手派遣の概要
(1)派遣期間:平成30年10月11日(木)~16日(火)
(2)開催地:福井県
(3)派遣選手強化練習(予定)
   ア  開催日  平成30年7月21日(土)、9月22日(土)~23日(日)
   イ  開催場所  ふれあいランド岩手 他
(4)派遣費用について
   ア  県負担  交通費(盛岡駅~福井県往復)、宿泊費、食費、県選手団ユニフォーム
        強化合宿経費(宿泊費、食費等)
   イ  選手負担  競技用ユニフォーム(1万円程度)、交通費(自宅~盛岡駅往復)
        強化合宿経費(交通費:自宅~盛岡市往復)
 
書類の提出先
    一般社団法人岩手県障がい者スポーツ協会(担当:三浦、小林、藤原)
    〒020-0831盛岡市三本柳8-1-3 ふれあいランド岩手内
    TEL 019-637-5055 / FAX 019-637-7626 / E-mail:info@iwate-adaptive.or.jp
 
提出(推薦)期限
    平成30年6月12日(火)必着
 
​関係書類2(提出書類は以下よりダウンロードしてください。)

全国障害者スポーツ大会の概要

全国障害者スポーツ大会とは?
  毎年、国民体育大会に合わせて開催され、全国から都道府県・指定都市の選手団およそ5,500名が参加する、国内最大級の障がい者スポーツの祭典です。最近は「国体・大会」と表現されることが多く、2016年の「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」が記憶に新しいところです。
大会の目的
  障害のある選手が競技等を通じ、スポーツの楽しさを体験するとともに、多くの人々が障害に対する理解を深め、障害のある人の社会参加が促進されることを目的としています。
大会の歴史
  全国障害者スポーツ大会は、平成12年まで別々に開催されていた「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」を統合したものです。平成13年から、この2大会が統合され、「全国障害者スポーツ大会」という名称となり、宮城県で第1回大会が開催されました。以後、オリンピック終了後に開催されるパラリンピックのように、国体終了後に3日間の会期で毎年開催されています。
TOPへ戻る