本文へ移動

岩手県グランドソフトボールチーム

平成30年度活動計画

(2018-03-31 ・ 81KB)

グランドソフトボールとは?

グランドソフトボールは、「視覚障がい者の野球」で、全国障害者スポーツ大会の正式競技となっています。全盲プレーヤー(選手は目隠しをして、全く見えない状態になります)と弱視プレーヤー(視力が弱く、見え方は様々な選手)がチームを組み、白いハンドボールを使って競技します。

ルールについて

全盲選手がキャッチすると打者はアウト!
ルールは、ほとんど野球とソフトボールと一緒です。
ただし、見えない選手のためにいくつか特別なルールがあります。
例えば投手はボールを転がして投球する。
ゴロの打球を全盲選手が捕球するとフライを捕ったのと同じく「アウト」になる。
選手同士の衝突を防ぐために「守備専用ベース」と「走塁専用ベース」がある。
詳しくは「早わかりグランドソフトボール」をご覧ください。

チーム概要

チームの創立は昭和49年。部員数は現在約20名です。
運営は社会福祉法人岩手県視覚障害者福祉協会が行っています。
平成28年の希望郷いわて大会では第3位となり、団体競技では唯一のメダル獲得となりました。また、平成29年度の北海道・東北ブロック予選会も見事に突破し、愛顔つなぐえひめ大会での出場権を獲得しました。初の全国大会制覇に向け、練習に取り組んでおります。どうぞ応援よろしくお願いします

地域交流試合について

全国大会などの真剣勝負のほかに、県内各地でグランドソフトボールを地域の方々に楽しんでいただけるよう「地域交流試合」を開催しています。皆様のお近くで開催した際には、是非お立ち寄りいただき、体験してみてください。きっと大好きになるはずです!
今年度は、決まり次第お知らせいたします。
 地域交流試合の開催について(準備中)

連絡先

〒020-0015
盛岡市本町通三丁目6番20号
社会福祉法人岩手県視覚障害者福祉協会
事務局:理事 金野 守
TEL&FAX019-652-7787
TOPへ戻る